「ハートを開くこと」

「ハートを開くこと」

私が26歳の時のことです、人生で2〜3を争うショッキングな出来事がありました。

本来、怒りや傷ついた痛みや悲しみなど、いろいろな感情が起きても不思議ではない状況だったにも関わらず、何も感じられない私を友人が心配していたことを覚えています。

当時の私は仕事に邁進し、毎日を忙しく過ごしていました。某大学病院のOpe室で働いていた私は感情よりも理性を良しとしていました。

このショッキングな出来事が起きて10ヶ月ほどたった頃、初めて参加した心理学セミナーで、理性よりも大切なものがある!!と実感する体験がありました。

それは感情にフォーカスして今まで抑圧してきた感情を感じるだけのシンプルなセッションでした。

トレーナーが目の前に座り、ただ寄り添うように私の瞳を見続けるだけのシンプルなものでした。

こころがミシミシと引き裂かれ大きく開かれたかと思った後、せき止められていたダムが崩壊したように涙が溢れ出て、その後2時間涙が止まりませんでした。

嗚咽しながら泣き続け2時間がすぎた頃、

青空が広がったようにこころがスッキリと晴れ晴れとした気持ちになりました。

まさに「ハートが開く!」という体験だったのです。

 

こうして私は、ショッキングな出来事を踏み台に、大人になるにつれて失ってしまった私のハートを取り戻すことが出来たのです。

 

数年後、私はセミナーのスタッフとして受講生様と関わるようになりました。そして多くの方がハートを再び開いていく場面に立ち会ってきました。

ハートを開いて感情を感じることは、世界が白黒からカラーに変わるようなものだったり、味気ないものが味わい深いものに変わるようなものです。

もしあなたが幸せになりたい、幸せを実感したい、味わい深い豊かな人生を送りたい、としたら

ハートで感じる女性性の才能を再び取り戻すことです。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です