チャネリングの始まり

チャネリングの始まり

 

2018年1月、正直なところ今までの仕事は全て手放してしまおうと考えていました。

心理学の世界に20年近くいますが、

私にとってこの仕事は、自分を追求する旅でした。

 

20年、幸せって何なのか?生きるって何なのか?

目覚めるってどういうことなのか?

ずっとずっと追い求めてきました。

 

 

そして、ある覚醒者との出会いで私の探求の旅が終わったこと、

また、その結果、心理学の領域でヒーリングを続けることにある種の葛藤を持つようになってしまったことが、全てやめてしまおうかな、と思った理由です。

 

2017年に続き、変化の中にいることは明らかで、どのような状況になったとしても、一番良い状態であることには確信があり、現れてくることをただただ受け入れていました。

 

今すぐやめてしまおう!という気もなく、

仕事量は激減させていますが、

ひたすら快適に過ごすこと、学びを楽しむことをメインに過ごしていました。

 

そんなある日、あるチャネラーさんとの出会いがあり、過去生ワークのセッションを受けたのです。

私、輪廻は信じているのですが、正直過去生にはほとんど興味がありません。

お坊さんだったと言われたことはありましたが、過去生を知ってワクワクすることはありませんでした。

そんな私ですが、このセッションでは過去生で

チャネラーだったこと、シリウスと交信していたこと、脳と宇宙の関係について筆記していたことを、まるで10年ほど前の記憶を思い出すかのように鮮明にビジュアルとして見る経験をしたのです。

 

とてもショッキングな体験でした。

 

あまりにも鮮明でリアルだったからです。

 

そしてこれ以降、瞑想中に、様々な記憶が現れるようになりました。

 

脳と宇宙の関係に関しては、

脳の拡張と宇宙の拡張は等しい、というメッセージがまず最初にやってきて、

それ以降、チャクラと恒星も同じ役割をしている、とか

脳の萎縮の部分と宇宙の萎縮の部分、脳の使われていない部分と宇宙の使われていない部分との関係についての情報もキャッチするようになりました。

 

あまりにも不思議な体験だったのでGoogleしてみました。

科学ニュース「Science Alert」によると、スイスの研究チームは脳は11次元の構造を持っていることを発見しているそうです。

宇宙もまた11次元の構造があり、最近では12次元が出現したとも言われていますから、脳も12次元の構造が生じているのかもしれません。

 

 

 

最近つくづく思うのは

マインドのデトックスが進むほど

新しい出会い、新しい情報、新しい才能が現れてくる、というもの。

私のクライアントさんも、デトックスが進んでいる人ほど

新しい可能性や新しい才能が芽生えているようです。

 

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です